« 労務経営の変化(376)(3085) | トップページ | 労務経営の変化(378)(3087) »

2019年6月 6日 (木)

労務経営の変化(377)(3086)

採用面接では、過去にフォーカスし、
そこに語られる心情にその人の
素顔を拝見しようとするものです。

したがって、採用面接者にとって
確認しておきたい事柄よりも
応募者の素顔を見ることの方が
はるかに重要になります。

規則正しい人だとか、
人のためになろうとする人だとか、
言われたことを全うしようとする人だとか、

その人が意識する価値観よりも
その人が意識しない価値観を確認して
おくことが非常に重要になります。

« 労務経営の変化(376)(3085) | トップページ | 労務経営の変化(378)(3087) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。