« 労務経営の変化(371)(3080) | トップページ | 労務経営の変化(373)(3082) »

2019年6月 1日 (土)

労務経営の変化(372)(3081)

面接者から言われたことに抵抗したり、 反発したり、攻撃的な行動に出ることは 慎みますが、その面を表出させる必要が ありますが、圧迫面接は避けるべきです。 では、どのような面接があるでしょう。 それは、通常の採用面接とは異なります。 通常の採用面接は、面接者が必要とする 情報を得るために面接者から質問します。 面接者にとって必要な情報を 5W1Hの質問によって聞き出します。 通常は、対等の立場での質問になりますので、 尋問のようにはなりません。 この面接は、本性を露わにするものではなく、 大人の対応を求めるやりとりですので、 被面接者の本性が露わになることはありません。 通常被面接者は、想定される質問に対する 回答を用意して面接に臨んできています。 回答を用意していない面接は あるのでしょうか?

« 労務経営の変化(371)(3080) | トップページ | 労務経営の変化(373)(3082) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。